みなさまこんにちは

エステティシャンの鳥井です。

秋のケアで、一年の美肌度が決まるって知っていますか?

夏に受けたお肌のダメージが秋に姿をあらわし、そのままにしておき冬になると、回復が難しくなり、シミ、しわ、たるみとなって肌に定着してしまうのです。

a0002_008691

そこで今回は、ターンオーバーの促進やシミ、しわ、たるみ、くすみ対策など、お肌ケアのポイントをご紹介します。

みなさま洗顔では、たっぷり使ってしっかり泡立てていますか?

夏の間紫外線や乾燥からなどのダメージで、ターンオーバーが乱れた肌は、古い角質が溜まりやすくなっているんです。

洗顔料はたっぷり使って、濃密な泡をたくさん作り、優しく肌に馴染ませるように洗うことで、古い角質をキレイにオフすることができ、ターンオーバーの促進を肌に働きかけます。

洗顔料をお肌に長くつけておくと、お肌の負担になってしまうので、洗顔料は純石鹸主成分の弱アルカリ性のもので、30秒以内に水で丁寧に洗い流すことがポイントです!

 

お風呂で洗顔するときは、どうしてもお湯で洗い流してしまう・・・という方は要注意。

お湯での洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥を招いてしまうのです。

少し冷たいと感じる程度の水で洗顔することで、必要な皮脂や保湿成分を残しながら、汚れだけを洗い流すことが出来ますよ!

洗顔の後は蒸しタオルパックがおすすめ。

出来るだけ時間を作って蒸しタオルパックをしてみてくださいね。

蒸しタオルパックでは、血行やリンパの流れがよくなるのでターンオーバーが正常に働くよう、サポートしてくれます。

また蒸気が肌の内部にまで行き渡るので、蒸しタオルの後はふっくらと肌が潤います。

しかし蒸しタオルだけで終わらせてしまうと、毛穴が開いたままになってしまうので、蒸しタオルの後は必ず冷水や、冷蔵庫で冷たく冷やしたタオルで毛穴をキュッと閉じてあげましょう。

その後は目元周りを中心にたっぷりと化粧水を付けて顔全体になじませたら、手のひらで化粧水を押し込むようなイメージで浸透を高めてあげるのがおすすめです。

秋のうちに夏のダメージをどうにかしたい、自分でやっただけじゃ物足りないという方は、洗顔のテクニックや化粧水の使い方など、実演とともに説明させて頂きますので、是非一度エステティシャン鳥井にご相談ください。