みなさまこんにちは

エステティシャンの鳥井です。

稲刈りが始まり、黄金色の田んぼがだんだん少なくなってきました。

秋ですね~。

今回は、「なんだかだるい」などと、夏の終わりから秋の始めにかけて出てくる体の不調の改善に役立つ方法をご紹介します。

夏の暑さによって疲労が溜まってしまい、この時期はまだまだ暑い日もあれば冷え込む日もありますよね。

昼と夜でも気温差が大きくなるため、体が対応しきれず、体調は崩れやすくなってしまうのです。

a0002_007509-199x300

それなのに暑い日には冷たい飲み物を摂り過ぎたり、薄着のまま外出したりと、秋の夕方の冷え込みも忘れ、ついつい夏と同じような生活習慣を続けてしまうと、体調をくずし風邪を引いてしまうということも・・・

秋は体調管理だけでなく、心の管理もしっかり行い自分をいたわってあげましょう!

それでは、夏バテならず秋バテ予防に役立つひと工夫をご紹介。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初秋は心身の調整期です。

たくさん予定を入れすぎず、ゆっくり心身を休める時間を作りましょう。

ここで無理をしてしまうと、朝だるくて起きれなかったり、食欲がわかなかったり、ひどくなると頭痛を起こしてしまうことにつながりかねません。

秋は、夏の疲れを回復させ、冬の寒さに備える季節なので、無理のない生活を送れるよう心がけてみてくださいね。

そして涼しくなってきて、そろそろ足元が冷えてくるこの時期、まだまだ夏気分で素足にサンダル・・・なんて方も多いと思います。

服装は朝晩の急激な気温差に対応しやすいように、薄手の上着を持ち歩いたり、足元もサンダルから靴へと秋ファッションへと移行し、体を冷やさないように工夫してみてはいかがでしょうか?

a1180_013979-300x225

夜はシャワーだけで済まさず、ゆっくり湯船に使って体を温めることもポイントです。

お風呂で体が温まったら、冷え解消に軽いストレッチで体をほぐし、早めの就寝を心がけましょう。

朝方は気温が下がるので、少し厚めの掛け布団を用意するなどといった工夫が必要です。

夏の終わりは冷たいものの摂り過ぎなどから胃腸も少々疲れ気味。

涼しい日には、季節の野菜を煮込んだスープや、温かい飲み物などを摂るようにするといいですね。

まだまだ暑い日が続きますが、夏に冷えた体を温めながら、元気な秋を過ごしましょう!