こんにちは!
エステティシャンの鳥井です。
今年の新潟は空梅雨で、強い日差しが気になりますね。
感じる暑さも増してきたように思います。

気温が高くなると、つい冷たい飲み物を口にしたくなりますね。
先日、とあるお客様から、燃焼ボディになる秘訣のお話を伺いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一昨年まで、夏といえば、アイスコーヒーにアイスティー、清涼飲料。
冷たい飲み物ばかりを口にしていました。

0006586501O-565x849
結果、夏になると「ひどいムクミ」に見舞われていたんです。
もう夕方になると、脚はパンパン。

おまけに、汗をかくとつい塩辛いものが食べたくなって、
濃い味付けのものばかり。

逆に夏バテ気味になるとほとんど水分だけしか摂れなくて。

味の濃いものか、冷たい飲み物かの2者択一状態で夏を過ごしていました。

そのせいなのか、セルライトも増えてしまったんですよね。

これはマズイと思い、まず冷たい飲み物を避け、
温かいものか、常温のものを口にするようにしました。

次に、塩分は汗をたくさんかいたときには多少味の濃いものを食べましたが、
冷房の中で過ごすような、汗をかかない日は減塩を実践しました。

そしたらね、むくみにくくなったんですよ!

あと、食べ物にもさらに気を使ってみたんです。

夏野菜で体を冷やすもの(なす、きゅうり)は食べ過ぎないように。

0008103846W-849x565

冷房の中で日中過ごしていた場合は、積極的に体を温める食材を摂りました。

しょうがとか、根菜類とか。

なすと生姜って、相性いいじゃないですか!

なすを食べるときは生姜を多めに添えたり。

きゅうりも確かに体を冷やす食材なんですが、きゅうりにはカリウムが多く含まれているので、

水分摂り過ぎた日には利尿作用も期待してきゅうりを適度に食べました。

これも、刻み生姜と、塩昆布と一緒に和えたりして。

あと、冷房ですっかり体が冷えちゃったなぁなんていう日には、
豆腐チゲとか納豆チゲで、積極的に温めました。
内臓から温まる~って感じがしますね!

こんな感じで体を冷やすもの、温めるもの、利尿作用のあるものを、その日の生活スタイルに合わせて
適宜食事に取り入れるように心がけてみたんです。

0010652784Y-849x565

もちろん秋になってからも、せっかくなので食の改善を続けてみました。

そしたらね!毎年冬になると必ず太っていた私が、この冬は体重がほとんど増えなかったんです!!
カロリー摂取量だけじゃなくて、あたためる食材・冷やす食材っていうのを意識すると良いみたいよね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食べる量・食べ方で燃焼ボディを作る手助けができるんですよね!

基礎代謝量を上げるためには、ある程度の筋肉量も必要ですが、

冷えによる内臓の機能低下や、体温自体の低下につながるような食生活を送らないことも重要なんですよね。

内臓の働きも、カロリー消費ですから。

毎日の食生活から燃焼ボディがつくられていく、とてもいい事例でしたので

皆様にシェアさせていただきました。
毎日のお食事の際の食材選びには、栄養素だけでなく、ぜひ「体を温める食材」なのか、「冷やす食材」なのかの

「陰陽」についても考慮してみてください。